なにやら今年は地元での映画ロケが盛ん。

先日、近くのお祭りに行ったときに 「AWA DANCEエキストラ募集」のブースがあって薦められた。
折角だし、参加してみるか~。
周りの友達は、眉山のロケに参加していたりして貴重な体験ができたと言っていたので
社会勉強にと、参加にサインをした。
キャストは、榮倉奈々さん、高橋克己さん、ほしのあきさんなどなど。
☆ロケ弁が出るらしい~!

ということで、後日送られてきた参加証を持って出かける。
設定は阿波踊り=夏。半袖の要請(浴衣歓迎らしい)
半袖にコートを羽織って出かけた。バックにはお菓子と飲み物(遠足!?)
受付を済ませると、ホッカイロとうちわが渡された。
なんちゅー両極端な・・・
わらわらとエキストラの人たちが歩いていく先には、奇怪な景色。
海の真横に桟敷・・・

a0043389_23551268.jpg

予定より遅れてスタートした撮影。
ハッピを着た若い役者さんがご挨拶。
そのハッピには「鳴門西高校」と書かれている。
・・・・無いって!!一瞬、実在するかと思ってしまったが、どうも架空の高校の設定らしい。
その日、最初の撮影は自分たちと対角線上での撮影なので、
何が行われているのかよくわからない。
手持ち無沙汰になった私たちは、よそ見。
その脇を、高橋克己さんがジャージ姿で歩いて行った。
「あっ!カッツミー!!」なんともびっくり。
夜の10:30くらいまで予定されているらしい撮影。
海の真横は、日が落ちて来るにつれ、風が厳しい。

長く続く映画の撮影。役者さんって大変だな・・・
しかもコマ割りで撮影なので、物語がさっぱりわからない。
そして、エキストラなのでたまに演技を要請される。
む、難しい・・・。
自分たちが写らないところになると、おかしをボリボリ食べる。
でも、寒い。
高橋克己さんのシーンになった。
登場や否や、歓声!
後ろのおばさんなんて、「高橋克己さんです!」とアナウンスが流れ
本人が近くに来るまで、わからないらしくおばさん同士会話してたんだけど
「あのハゲの人よ~」とか説明をしていた(なんちゅー失礼な)
やっぱりオーラが出ていて、すごいな~と思った。

ロケ弁が出た。なんだろなんだろ~!!期待に胸膨らませ見てみると
地元のよく見慣れた名前のトコのお弁当であった。
そりゃそうだよな~(^^;)

a0043389_082868.jpg

おいしくいただいたのですが、この冷え込みにちらし寿司で更に寒くなって
耐え切れず、途中脱落しました・・・次の日仕事だし。





おじさんは、あきちゃんが生で見たかったな~(笑)
[PR]
# by Avaportrail | 2006-11-05 11:30
先週、潮にまみれて錆びていた自転車を洗車した(カー洗剤で)
キレイになった自転車に久々に乗って、今日は畑(家庭菜園)の偵察。
ダンナとサイクリングサイクリング~☆☆
なんてエコロジーな夫婦。
大根たちは力強く生えていた。

近くのギャラリーcafeで写真展をしている模様なので足を延ばした。
そういえばお昼食べてない。
店内は驚くほど人がいて、テラスの席が空いていた。

昼下がり、テラスでの~んびり・・・

a0043389_18191320.jpg


まったりする休日。
祝日ってなんか幸せ。
忙しい毎日を送っているからこそ、この時間がとっても贅沢に思えるんだろう。
緩急、人間には大切ってことかな。

帰りにコスモスの揺れる道から遠回りで帰る。

a0043389_1821135.jpg


よく見ると、もうコスモスは枯れかかってしまっていた・・・。
いつも車で脇を通るときは枯れかかってるなんて思いもしなかった。
急げば急ぐほど、見えなくなってしまうんだ。
[PR]
# by Avaportrail | 2006-11-03 15:00
実家の母から荷物が届いた。

趣味で作っている野菜がたくさん入っていた。
白菜、キャベツ、柿、ほうれん草・・・
ほうれん草にはメモがはってあった。
「洗ってあるのですぐ使える」
・・・ありがとう、マミー。助かりますっ

荷物の間から、封筒が出てきた。
それは母からの手紙だった。
今まで実家暮らしだったので、初めてもらう手紙だった。

11/13はわたしたちの結婚1周年。

 「結婚一年目おめでとう。はやくも一年経つんだなー。
  紙婚式って言うそうですよ。
  テレビ番組で結婚式の映像を見ます。
  そして人の事なのに感動して涙が出ます。
  最初のころ二人が帰る時、見送って胸がキューンとよくなったものです。
  二人にはいつもよくしてもらって有難う。
  記念日には二人で食事でもしてください。
  これからも二人仲良く健康に気をつけて明るく元気で暮らしてください。
  また遊びに来てください。待ってます。

                                          母より」

封筒にはお金も入っていた。

いっつも人の事ばかり気にしてあまり自分の言いたいことは言わない母。
最後に小さく書いてる、「待ってます」で視界が曇った。
最近は毎日忙しくいのを口実に、車で30分の距離さえ
実家にあまり行っていなかった。
寂しい思いをさせてしまっていた。
何一つ親孝行もできずにお嫁に来て、未だに甘えているんだと思った。
お礼は私のほうが言わないといけないのに・・・ありがとう。
涙がこぼれてきた。お金なんてつかえないよ・・・

11/17は父の誕生日、12/1は母の誕生日。
間のどこかでゴハンでも連れて行ってあげよう。
はぁ、なんだかココロに沁みるよ・・・
[PR]
# by Avaportrail | 2005-11-10 23:00